火曜日, 3月 2, 2021
タグ 細川ガラシャ

Tag: 細川ガラシャ

殉教番外編 細川ガラシャ第7回

明智光秀の謀反後、幽閉生活を終えた玉(ガラシャ)だったが、周囲の目は冷たかった。その中でキリシタンとして信仰を深めていった。

「殉教」番外編 細川ガラシャ第6回

味土野にいた玉(細川ガラシャ)はわびしい生活をするも本当の幸せを見出そうとしていく。

「殉教」番外編 細川ガラシャ第5回

明智光秀の謀反により、謀反人の娘との烙印を押された玉(ガラシャ)に厳しい目が向く中、玉は丹後の山奥、味土野に幽閉された。

「殉教」番外編 細川ガラシャ第4回

本能寺の変は、イエズス会宣教師の間にも影響が及び、ガラシャも謀反人の娘として見られるようになりました。

「殉教」番外編 細川ガラシャ第3回

高山右近はキリシタンでした。ガラシャと接点があったか不明な部分もあるが、右近について聞かされていたと推測できる。

「殉教」番外編 細川ガラシャ第2回

細川家に嫁いだ玉(ガラシャ)は清原佳代と出会い、キリシタンになっていくのでした。

「殉教」番外編 細川ガラシャ 第1回

これまでシリーズで紹介してきた「殉教」の番外編として、細川ガラシャの生涯を紹介します。

Most Read