日曜日, 6月 20, 2021

終末

終わりの時代に向かって634 「プライド月間」

6月には、世界でLGBTのイベントが多数行われます。子どもへの教育に影響が生じており、聖書的観点からは危惧すべき傾向と言えます。

「反ユダヤ主義の動き」終わりの時代に向かって633

イスラエルとハマスの争いの結果、ヨーロッパに反ユダヤ主義が拡大しました。それは終わりの時代の兆候でもあります。

「イスラエルとハマスの戦い」終わりの時代に向かって

イスラエルとハマスとの衝突について、世界のメディアはイスラエルを非難する報道が目立ちます。それは終わりの時代のしるしでもあります。

「エルサレムの衝突」終わりの時代に向かって631

4月中旬以降、イスラエルとパレスチナの衝突が続いている中、欧米の大手メディアはイスラエルを非難する報道を強めています。これは終わりの時代のしるしと言えます。

「食料の値上がり」終わりの時代に向かって630

コロナ禍の今、世界的に食料価格が値上がりしています。それは終末のしるしにも結び付きます。

「ワクチンパスポート」終わりの時代に向かって628

新型コロナウイルスに関連し、デジタルのワクチンパスポートが広がりつつありますが、個人情報が分かり、こうした動きはクリスチャン迫害に用いられるようになるのかもしれません。

「戦争に向かって」終わりの時代に向かって627

ロシアとウクライナ、イランとイスラエルなど、終わりの時代に向かって方々で戦争が起きる可能性が上げられています。

「アメリカのパレスチナへの支援金」終わりの時代に向かって626

バイデン米政権はパレスチナ支援を決定しましたが、それはテロ組織に流れる懸念があります。

「大学バスケットボールリーグでの迫害」終わりの時代に向かって625

キリスト教教育に立つ大学が、米メディアから非難され、迫害の対象となっています。迫害は再臨前のしるしと言えます。

終わりの時代に向かって「中央銀行デジタル通貨」

終末、神に反する世界政府が登場し、世界経済を牛耳ることが聖書に予告されていますが、中央銀行デジタル通貨があれば、それは簡単に可能となります。

終わりの時代に向かって622「戦争の足音が」

バイデン米政権が誕生して後、戦争が始まってもおかしくない状況が複数生まれつつあります。戦争は終わりの時代のしるしの一つです。

新着