水曜日, 4月 14, 2021

論説

論説「終末のリバイバル」

終末の働きとその例の戦いが始まっている時代に、私たちは生きている。それは神の勝利が現される時でもある。

論説「すべての事について、感謝しなさい」

新型コロナウイルスで間引き勤務になる中、全てを感謝することで、神さまの支え、祝福、勝利を見ました。見えるものではなく、神のことばに従いましょう。

論説「21世紀型教会」

白馬スネルゴイオンラインキャンプで、神さまは「インターネット、コンピューターの働きの遅れを取り戻せ」と語られました。21世紀型の教会として、その働きを共に担いましょう。

論説「~勝利の上にさらに勝利を得る~」

白馬スネルゴイオンラインキャンプでは御霊の賜物、映像の働きなど多くの祝福を見ました。後の雨のリバイバル、神の勝利の働きが始まっています。

論説「語られた預言の成就 ―ヨーロッパ全域の宣教の成就に向けて―」

ルターが命懸けで聖書をドイツ語に翻訳した地、ドレスデンで、今、神さまが語られたヨーロッパん宣教のことばの成就が進められています。

論説「神のみこころを行う者」 

終末の時代のしるしがさまざまに現されている今、クリスチャンは感謝し、主に信頼して歩みましょう。

論説「インターネットキャンプ」

新型コロナウイルスの感染拡大で、生活様式は大きく変わりました。その中でインターネットはリバイバルの働きの武器として用いられます。

論説「21世紀型宣教、映像配信を通しての宣教」

21世紀型の福音宣教として、会員制交流サイト(SNS)やYouTubeなどを用いていくことは今ままでとは違う宣教の武器と言えるでしょう。

論説「主がお入用なのです」

二十六聖人の殉教を通して、神の素晴らしい栄光が現されていますが、それをフロイスという宣教師の方が記録し、伝えました。現代、私たち一人一人にも神さまの使命があります。

論説「御霊の賜物を求め、備える」

コロナの収束の後、世界宣教がさらに力強く進むでしょう。その中で御霊の賜物の働きは重要です。

論説「神さまの使命のすごさ」

終わりの時代、後の雨の時代、神のことばを信じ、その使命に立つ時、その向こうに神さまの栄光を見ていくのです。

論説「神は最善」

神さまは私たちに最善を与えてくださっている。神さまに信頼して、従っていこう。

新着