殉教番外編 細川ガラシャ 第8回

63
 味土野での幽閉生活から約2年が過ぎた頃、羽柴秀吉が細川忠興と玉の再婚の許しを出しました。ただ、秀吉のすぐ目の届く大坂に新邸を建てて住むという条件付きでした。これは、大坂の守りを強化するという意味と、大名の家族を人質にとるという意味があった


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン