「殉教」番外編 細川ガラシャ第5回

354
味土野での幽閉生活  本能寺の変をきっかけに謀反人の娘として烙印を押された玉は、細川家の家臣からも離縁して実家の亀山城に帰すか、自刃させるか厳しい選択が迫られました。かつての織田信長の家臣・荒木村重が石山本願寺の勢力と内通して謀反の疑いがあ


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン