「殉教」番外編 細川ガラシャ第6回

64
味土野での幽閉生活②  味土野には、明智から仕えていた家臣を含め数十名の警護が男城に住み込みで警護に当たっていました。それより少し離れた位置にある女城で玉や侍女の佳代(いと)、他数名の侍女たちが暮らしていました。 城といっても四部屋ほどの家


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン