金曜日, 5月 29, 2020
ホーム 信仰

信仰

歌集『風のひびき 第7集』 受賞曲決定 インタビュー3

今回は、「主イエス」「願い」で優秀賛美曲賞を受賞されたダビデ前田さん、「詩篇67」で詩篇特別賞を受賞された松本彩さん、 「聖なるかな主」で優秀賛美曲賞を受賞されたNoah輝美さんに聞いた。

歌集『風のひびき 第7集』 受賞曲決定 インタビュー4

歌集『風のひびき ゴスペル第7集』の賛美曲賞が決定した。各受賞者から、感想などを聞くシリーズ、今回が最終回で、総合グランプリなどに輝いた太田エリサさんにお話を聞いた。

牧師つれづれ日記008(パウロ秋元)再臨、携挙は近づいている

教会に行き始めた頃、携挙のことをよく聞きました。教会に行ったら、信仰的な人がいなくて、自分が残ってしまったと 心配したという冗談や、慌てて、残ってしまったかなと勘違いしたのですが、この人は絶対携挙されるという人がいて安心したとかいう 冗談の話を聞いて、ゾーッとしたものでした。

この人 HCFF総合第1位作品制作者 竹下暢夫さん

TLEA米サンディエゴ賛美の柱教会の伝道師で、同教会のダンケン里子牧師の娘・エシュルンさんの自閉症のいやしを伝える ドキュメンタリー映像を制作した。1995年に仕事の転勤でアメリカに赴任し、他教会で2003年に救われた。

論説「いつも喜んでいなさい」

私は牧師になってからさまざまな仕事をしてきました。仕事をする中で、自分から見て理不尽な扱いを受けることが時々ありました。

歌集『風のひびき 第7集』受賞曲決定 インタビュー第2回

歌集『風のひびき ゴスペル第7集』の賛美曲賞が決定した。各賞は以下の通り。各受賞者から、感想などを聞いた。 第2回は、「Giving a Hand」「神さまに愛されている」の作者、佐藤頌子(しょうこ)さんと、「God's Word」の作者、イスラエルみぎわさん。

歌集『風のひびき 第7集』受賞曲決定 インタビュー第1回

 歌集『風のひびき ゴスペル第7集』の賛美曲賞が決定した。各賞は以下の通り。各受賞者から、感想などを聞いた。第1回は、 「誰よりも」の作詞作曲者、萱野美代子さん。

終わりの日時計「歴史は神のもの。コロナ後の世界は」

新アッシリア帝国は、BC934~609年にオリエント全域を最初に統一した世界帝国だ。ニネベがその首都だった。

論説「福音のパンデミア」

もちろん、まだ黙示録の時代に入ってはいませんが、今回の新型コロナウイルスのパンデミックがその時がすぐ近くに来ていることを 現していると思います。

牧師つれづれ日記007(パウロ秋元)巻き爪

ここ1年、巻き爪のことで大変困らされました。確か昨年の6月ごろ、左足の親指が巻き爪になり、病院に行くことにしました。

この人 カンボジアのゴスペルグループ Amazing Love

礎の石孤児院カンボジアの子どもたち3人で結成した賛美グループで、作詞作曲した曲が 『風のひびき ゴスペル第7集』(荒地に川ミュージック)に初掲載された。チーム名Amazing Loveは3人で祈って与えられ、掲載曲も3人で作った。

白馬クリスチャンフイルムフェスティバル 結果発表

第10回 白馬 クリスチャン フィルム フェスティバル(HCFF)の選考結果が5月10日、東京アンテオケ教会の ホームページ上にて発表された。今年で10回目となる同大会は、映像における、宣教の働きの、発展のために行われている。

新着

「終わりの日時計」 誹謗中傷は罪、サタンの領域

イエス・キリストが十字架にかかられる直前、ユダヤ人の長老、祭司長、律法学者らがイエスさまを告発し、ピラトに引き渡した。巧みな告発のことばと、群集心理が働いた、ユダヤ人たちの激しい訴えに押し切られるように、事の吟味は不十分なまま、結局、十字架刑が遂行されてしまう。

歌集『風のひびき 第7集』 受賞曲決定 インタビュ...

今回は、「主イエス」「願い」で優秀賛美曲賞を受賞されたダビデ前田さん、「詩篇67」で詩篇特別賞を受賞された松本彩さん、 「聖なるかな主」で優秀賛美曲賞を受賞されたNoah輝美さんに聞いた。

近づく東京大地震「大雨・台風では、どのような災害が...

風水害が数多く発生し、7月から10月に大雨、洪水、暴風、高波、高潮が発生し、川の氾濫や土石流、がけ崩れ、地すべりなどの自然災害が、人々の生活や生命が脅かしています。

米大統領「米国は正常化しつつある」

5月24日米国では、新型コロナウイルス感染防止の行動制限緩和が進む中、メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)の今週末、ビーチや公園に外出する人が急増した。