水曜日, 4月 14, 2021
ホーム 信仰

信仰

この人/ガラシャ制作チーム

第11回白馬クリスチャンフイルムフェスティバルで総合第6位を受賞したガラシャ制作チームを紹介。

日時計「信仰のスイッチ」

終末のリバイバルの佳境へ、神の働きが強まっている今、信仰のスイッチを入れて進みたい。

東京カリスマ聖会開催 顕著ないやしの報告も

東京カリスマ聖会が4月4日、行われ、主の祝福が現された。

論説「終末のリバイバル」

終末の働きとその例の戦いが始まっている時代に、私たちは生きている。それは神の勝利が現される時でもある。

この人/チームF

この人,白馬クリスチャンフイルムフェスティバル,HCFF,ドキュメント制作, TLEA東京アンテオケ教会,

終わりの日時計「幸せの授業内容」

幸せに関する授業が米大学で人気だ。聖書にも人が幸せになるための方法が書かれている。

J.GOSPELコンテスト 東京アンテオケ教会予選が行われた

J.GOSPELコンテスト大会出場に向けて、熱い戦いが始まった。

この人/TLEA映画ミッション

第11回白馬クリスチャンフイルムフェスティバルで総合第4位を受賞したTLEA映画ミッションを紹介。

論説「すべての事について、感謝しなさい」

新型コロナウイルスで間引き勤務になる中、全てを感謝することで、神さまの支え、祝福、勝利を見ました。見えるものではなく、神のことばに従いましょう。

終わりの日時計「米国の分断と節目」

先の米大統領選挙以降、米国で根深い分断が残る一方、聖書的価値観の崩れも顕在化している。再臨とリバイバルに向けて、私たちは節目を通っていると言える。

論説「21世紀型教会」

白馬スネルゴイオンラインキャンプで、神さまは「インターネット、コンピューターの働きの遅れを取り戻せ」と語られました。21世紀型の教会として、その働きを共に担いましょう。

この人/聖所から流れ出る水ミッション アジア部門

第11回白馬クリスチャンフイルムフェスティバルで総合第3位を受賞した聖所から流れ出る水ミッションアジア部門を紹介。

新着