日曜日, 6月 13, 2021

終末

終わりの時代に向かって608「クリスチャンがクリスチャンを迫害」

英国国教会内で、LGBTを支持するリベラル派が福音派を攻撃しています。クリスチャンがクリスチャンを迫害するという、終末のしるしがすでに起こっています。

終わりの時代に向かって607「バイデン氏が大統領になると」

米保守系メディアCNSが報道した、バイデン氏が大統領になった場合の5つの邪悪なことについて紹介します。

終わりの時代に向かって606「アメリカ大統領選後2」

米大統領選挙後、民主党支持側からトランプ政権を支持した人々への責任論が出ていますが、キリスト教保守派への憎悪が背景にあります。

終わりの時代に向かって605「アメリカ大統領選後1」

米大統領選後、バイデン政権へと政権移行が始まっています。その目指す政治の行方に注目する必要があります。

終わりの時代に向かって604「アメリカ大統領選」

今回の米大統領選では、米国の分断が進んでいることが分かります。選挙の行方を見ていく必要があります。

終わりの時代に向かって603 ローマ教皇「シビルユニオン」支持

ローマ教皇フランシスコは、同性愛の問題でカトリックの教義から逸脱した見解を示しています。終わりの時代の動きがすぐそこまで来ています。

終わりの時代に向かって602「トルコの動向」

黙示録の時代、ロシアがトルコに位置する国々などとイスラエルを侵攻することが聖書に書かれています。トルコ情勢は注目する必要があります。

終わりの時代に向かって601「パレスチナの問題」

中東和平は黙示録に書かれた終わりの時代のしるしです。しかし、一般メディアでは誤解された報道が多くなされています。

終わりの時代に向かって600「新型コロナウイルスの現状」

新型コロナウイルスの感染は、依然として世界で拡大しており、終わりの時代に向かって動向を見ていく必要があります。

終わりの時代に向かって599「イスラエル近隣諸国の動き」

中東では今、国々にさまざまな動きがあり、中東和平に向かってどう進むのか注意が必要です。

終わりの時代に向かって598「トルコとイランの協力関係」

クルド人問題などを巡りイランとトルコが関係を強化していますが、聖書の終末のしるしの中に、この動きの記述があり、注意が必要です。

終わりの時代に向かって597「アラブ連盟の動きとパレスチナ」

イスラエルとの国交正常化を巡り、アラブ諸国の姿勢が変化する中、患難時代を前に、中東和平の動きに注意が必要です。

新着