水曜日, 9月 30, 2020
タグ 十字架

Tag: 十字架

牧師つれづれ日記013(パウロ秋元)十字架は祝福の...

新型コロナで世界に恐れが満ちています。困難な時代、十字架を信じることは祝福の鍵です。

聞き従いの祝福23 「聞き従う時に負う十字架⑧」

北海道にとどまるという主の導きに聞き従うことができたのは、ただただ、主の恵み、そして教会の助けがあったからでした。

カリスマの恵み23「預言は吟味をして受け取る②」

預言に限らず、吟味する際に重要な事は旧約聖書と新約聖書の捉え方です。どちらも神の啓示ですが、同じ事柄であれば新約が優先されるのです。

聞き従いの祝福22 「聞き従う時に負う十字架⑦」

東京に戻らず、北海道にとどまることが主の導きと立った中でも、心が揺らぐようなことは起こりました。その中でも、神の導きのことばに立っていきました。 

聞き従いの祝福21 「聞き従う時に負う十字架⑥」

東京への移動について、主に導きを求める中、導かれた答えは北海道に留まることでした。

聞き従いの祝福20 「聞き従う時に負う十字架 ⑤」...

 孤児院の仕事で東京に行った際、そこでも、私が東京へ戻る話がありましたが、私は「東京に戻ることは考えていません」と伝えました。しかし、妻は病気でとても心細かったのでしょう、東京に帰る話となったことを心底喜んでいました。

聞き従いの祝福19「聞き従う時に負う十字架④」

誰でもそうだと思いますが、妻は入院が大嫌いです。でも今回ばかりはその必要がありました。普通なら1、2カ月待ちの大学病院の入院ですが、この時は医師の方もその緊急性を理解してくださり、翌日から入院が許可されました。

終わりの日時計「誹謗中傷は罪、サタンの領域」

イエス・キリストが十字架にかかられる直前、ユダヤ人の長老、祭司長、律法学者らがイエスさまを告発し、ピラトに引き渡した。巧みな告発のことばと、群集心理が働いた、ユダヤ人たちの激しい訴えに押し切られるように、事の吟味は不十分なまま、結局、十字架刑が遂行されてしまう。

聞き従いの祝福18「聞き従う時に負う十字架③」

翌日、羽田空港から新千歳空港へ戻る時、自分が乗る飛行機を見て少し驚きました。私の乗る飛行機の機体には「あさひかわ」と書いてありました。

聞き従いの祝福17 「聞き従う時に負う十字架②」

東京の教会では、何人かの方々が「いつ東京に(本格的に)戻ってこられるのですか?」と聞いてこられ、やはり東京に戻るのかな?と少し思いを強くしておりました。

Most Read

【動画】カリスマセミナー #01(パウロ秋元)「誰...

「カリスマ宣言」の著者でもあるパウロ秋元牧師による、聖書に書かれている「カリスマ(御霊の賜物)」の働きについてのセミナーです。 カリスマの働きにはいろいろな誤解があるのを見ますが、神様がこの時代に用いようとしている重要な働きです。ぜひご覧ください。

【動画】パウロ秋元のありえない話 43「ここまで祈...

神様に従い始めてから、普通ではありえないような素晴らしい体験をたくさんし、神様の恵みによる波乱万丈の人生となった事柄について語る。

【動画】パウロ秋元のありえない話 42「あの浦上天...

神様に従い始めてから、普通ではありえないような素晴らしい体験をたくさんし、神様の恵みによる波乱万丈の人生となった事柄について語る。

バチカン教理省書簡 自殺ほう助に反対表明

バチカン教理省が、安楽死などに関する見解を含む書簡「サマリタヌス・ボヌス」を発表した。