「新しく受け入れた男の子D!」カンボジア孤児院便り

62
 先月、6歳の男の子Dを孤児院で受入れました。私たちの孤児院は、孤児となった子どもたちを受け入れ、彼らが自立するまで最長で20年前後の長期的な支援の働きを行っていますが、他団体の中には、問題のある家庭から政府機関を通して短期的に受け入れ、問


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン