金曜日, 5月 29, 2020
ホーム 世界情勢

世界情勢

WHO事務局長 日本は「成功している」

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は5月25日、ジュネーブのWHO本部で開かれた定例記者会見で、緊急事態宣言が全国で解除された日本の新型コロナウイルス対策について「成功している」と評価した。

カンボジア孤児院便り「大雨の前に壁の修理 器用なスタッフの助け」

昨年、雨期が明けた頃から気になっていることがありました。2年ほど前に、1階で使っている部屋の壁にできたひび割れ部分の修理をしてもらったのですが、時間がたつとともに、雨が降ると水が少し染み出してきたり、少しひび割れが生じてたりしている所を見付けたのです。

トランプ米大統領 礼拝施設の再開を要請「米国には一層の祈りが必要」

トランプ米大統領は5月22日、新型コロナウイルス感染拡大に伴うロックダウン(都市封鎖)措置の一環で閉鎖されている礼拝施設を再開するよう、各州知事に要請した。

米南部ミシシッピ州 教会が放火される

ミシシッピ州ホリースプリングスにある第一ペンテコステ派教会が5月20日、火事で建物が焼け崩れた。放火が原因とみられている。

香港 コロナ制限下で大規模デモ

香港で反体制的な言動を抑え込む「国家安全法制」の整備に中国が着手したことを受け、香港で5月24日、数千人の大規模な反対デモが発生した。

フィリピン台風 インドにもスーパーサイクロン コロナの中

フィリピンのサマール島東部に5月14日、台風1号が上陸した。風速50メートルでカテゴリー3のハリケーンに匹敵する。

米国 WHOへの資金拠出停止警告

トランプ米大統領は5月18日、WHOのテドロス事務局長に宛てた書簡を公表し、WHOの運営に関して「30日以内に本質的改善が見られなければ、現在、暫定的に実施している資金拠出停止を恒久化する」ことを明らかにした。

WHO メンタル面の危機を警告 酒は役に立たず

WHOの専門家たちは、新型コロナウイルスのパンデミックの長期化で、コロナによる死亡や失業、隔離、貧困、不安にさいなまれるなど、メンタル面での危機が迫っていると警告した。

英とEU 3度目の通商交渉 進展得られず

英国と欧州連合(EU)は5月15日、3回目の自由貿易協定(FTA)交渉をテレビ会議で行ったが、ほぼ進展が得られずに終了した。

イスラエル 新連立政権発足 コロナ対応優先

イスラエルで5月17日、ネタニヤフ首相の5期目となる新連立政権が発足した。新型コロナウイルス感染拡大に対応する「緊急挙国一致内閣」との位置付けだ。

インド 感染者10万人超 アジアで最多

インドでは5月19日、新型コロナウイルス感染者が10万人を突破し、死者は3000人を超え、中国を抜いて感染者がアジアで最多となった。

ブラジル 経済重視政策で感染拡大

ブラジル保健省は5月11日、国内の新型コロナウイルス感染者が16万8331人、死者は1万1519人となったことを発表した。欧米が感染ピークを迎えた中、新興国が新たな感染震源地となる懸念が高まっている。

新着

「終わりの日時計」 誹謗中傷は罪、サタンの領域

イエス・キリストが十字架にかかられる直前、ユダヤ人の長老、祭司長、律法学者らがイエスさまを告発し、ピラトに引き渡した。巧みな告発のことばと、群集心理が働いた、ユダヤ人たちの激しい訴えに押し切られるように、事の吟味は不十分なまま、結局、十字架刑が遂行されてしまう。

歌集『風のひびき 第7集』 受賞曲決定 インタビュ...

今回は、「主イエス」「願い」で優秀賛美曲賞を受賞されたダビデ前田さん、「詩篇67」で詩篇特別賞を受賞された松本彩さん、 「聖なるかな主」で優秀賛美曲賞を受賞されたNoah輝美さんに聞いた。

近づく東京大地震「大雨・台風では、どのような災害が...

風水害が数多く発生し、7月から10月に大雨、洪水、暴風、高波、高潮が発生し、川の氾濫や土石流、がけ崩れ、地すべりなどの自然災害が、人々の生活や生命が脅かしています。

米大統領「米国は正常化しつつある」

5月24日米国では、新型コロナウイルス感染防止の行動制限緩和が進む中、メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)の今週末、ビーチや公園に外出する人が急増した。