イラン 83.7%の高濃縮ウラン 濃度、核爆弾級に迫る

247
 2月28日付AP通信によると、国際原子力機関(IAEA)はイラン中部フォルドゥの地下核施設で83.7%の高濃縮ウラン粒子を確認したことを明らかにした。  核爆弾の製造に必要な濃縮度は90%で、それに迫る水準となったことで、各国の懸念はさら


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン