殉教番外編 細川ガラシャ⑱

69
 1598年(慶長3)8月18日、豊臣秀吉が死去しました。五大老に息子の秀頼のことを託して、この辞世の句を残していきました。「露と落ち露と消えにし我が身かな浪速のことも夢のまた夢」。 秀吉の死後、徳川家康と石田三成の権力争いとなりました。三


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン