コンゴ カトリック教会で爆弾テロ

21
 【CJC】ロシアのスプートニク通信によると、コンゴ民主共和国東部のベニ市にあるカトリック教会で6月27日、即席爆発装置が爆発した。バロンズが、現地当局の発表を引用して報じている。 同市の警察署長によると、爆発が起きたのは現地時間の午前6時


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン