シリーズ 感謝することで起きた奇跡の証し 4

482

あるファストフードで働くクリスチャンの記録

第4章 売れないチキンがあっという間にノルマ完売

み声新聞で過去に掲載された連載をリニューアルし、MIKOE NEWSで紹介します。
 筆者が某ファストフード店で仕事をする中、聖書の教え「すべての事について、感謝しなさい」(テサロニケ人への手紙第一5章18節)を文字通り実践し、その中で現された驚くべき奇跡の体験談を取り上げます。
 この実話に触れる時、聖書の約束の確かさに、きっと感動するでしょう。

人気がないチキン

 私は今、某ファストフードで働いています。
 その会社にとってクリスマスは1年で一番忙しい時期で、チキンが飛ぶように売れます。

 そんな忙しい時期ですが、その期間限定のスモークチキンも販売しています。
 とてもおいしいのですが、1本1360円と高価なこともあり、まったく人気がありません。

 毎年、そのチキンにはノルマがあって、昨年は100本売らないといけませんでした。
 お客さんにお勧めしたり、店舗の従業員に買ってもらったりと、あらゆる手段を試みるのですが、まったく売れませんでした。
 頑張って、何とか80本は売れましたが、残りの20本は自腹で買いました。

ノルマが2倍に

 しかし今年は、業績が昨年よりも伸びたため、売れないチキン(スモークチキン)のノルマが倍になってしまいました。
 200本売らなければならないのです。
 それはさすがに無理だと思いました。

 しかし、神さまにとって不可能なことは一つもありません。
 私は神さまに祈ることにしました。
 「どうか助けてください。売れないチキンが売れますように」と…。

いつもは売れないチキンが

 すると不思議な事が起こりました
 あちらこちらから、予約が次々に入るのです!

 この期間限定のチキンは毎年販売していますが、毎年、売れても10本が限度でした。
 しかし、今回は予約だけで100本超えてしまったのです。

 さらに従業員の方々も協力してくださり、1人で60本、30本、20本と、あっという間にノルマの200本を完売してしまったのです。

足りなくなったチキン

 神さまの祝福はそれだけではありませんでした。
 ノルマの200本だけでは足りなくなり、他の店舗で余っている(売れ残りの)チキンを40本もらうことになったのです。

 毎年、売り上げの低い店舗だった私の店舗が、他の店舗の助けをする恵みにあずかることができました。
 神さまの恵みに感謝します。

第5章「他店舗への応援 祈りの答えが」はこちら