火曜日, 9月 29, 2020
ホーム 体験談 祈り・感謝

祈り・感謝

九州地方豪雨で 神さまの特別な助けと守り

九州地方などを襲った豪雨被害の中、私たち夫婦は、主の特別な守りを体験しました。

争い耐えない家庭環境 怒りと死の恐怖からの救い

子どもの頃、争いの絶えなかった家庭環境などから、私は怒りと死の恐怖を覚え続けていました。そんな私がイエスさまと出会い、まったく変えられたのです。

シリーズ 感謝することで起きた奇跡の証し10

会社の指示で指導員として赴いたお店で、私はいじめを受けました。しかし、感謝する中で驚くべき計画が開かれていったのです。

シリーズ 感謝することで起きた奇跡の証し9

連日の仕事で忙しい中、たった一言、感謝し、神さまに祈った祈りを、主は聞いてくださいました。

「もうこの上司と仕事したくない!」ゴスペルの歌詞で主の愛を体験

アパレルショップにアルバイトとして勤める中、新しい店長の言葉に傷付き、辞めたいと思いました。そこでゴスペルの歌詞に支えられたのです。

シリーズ 感謝することで起きた奇跡の証し8

ある日、作業中、誤って180度の油に手を突っ込み、大やけどとなってしまいました。しかし、感謝する中で最善の祝福が現れたのです。

集会会場が分からない! 神さまナビで無事に場所へ

福岡で行われる聖会に行く途中、道に迷ってしまいました。刻一刻と時間が迫る中、感謝し、祈る中で、奇跡的体験が起きたのです。

シリーズ 感謝することで起きた奇跡の証し7

 アルバイト先に抜き打ちで衛生検査が入りました。結果は最悪でしたが、感謝する中で奇跡が起きたのです。

シリーズ 感謝することで起きた奇跡の証し 6

社内大会で全国優勝 会社の大会に出場 ...

召しにかなった祈りの祝福

2019年2月、長崎殉教記念聖会に参加する中、神さまからの途切れることない祝福、恵みが与えられました。それは地上での召しを全うしたいとの祈りへとつながっていきました。

シリーズ 感謝することで起きた奇跡の証し 5

私は宮崎県にある店舗で仕事をしていますが、ある店舗から応援の要請が私に来ました。そこは大分県佐伯市にある店舗で、「従業員が足りなくて困ってるからヘルプに来てほしい」ということでした。

希望の光 祈り開かれた職場は、最善

2020年5月6日現在、世間では新型コロナウイルス対策のため緊急事態宣言が出され、外出自粛が求められ大変な状況となっていますが、この状況の中でも、ふさわしいタイトル「希望の光が見えた瞬間」でお話しさせていただきます。

新着

バチカン教理省書簡 自殺ほう助に反対表明

バチカン教理省が、安楽死などに関する見解を含む書簡「サマリタヌス・ボヌス」を発表した。

中国 家の教会牧師夫妻、子どもの家庭教育で当局から...

子どもを公立学校に行かせず、家庭で教育を行っていた中国の家の教会牧師夫妻に対し、中国裁判所が告発した。

コロナ禍のタイ キリスト教洗礼者が歴史的成長

観光収入激減の中 福音宣教が拡大  中国に...

近づく東京大地震「内水氾濫と外水氾濫」

 台風シーズンを迎えているが、浸水災害の防災を適...