火曜日, 9月 29, 2020
ホーム 体験談

体験談

シリーズ 感謝することで起きた奇跡の証し 5

私は宮崎県にある店舗で仕事をしていますが、ある店舗から応援の要請が私に来ました。そこは大分県佐伯市にある店舗で、「従業員が足りなくて困ってるからヘルプに来てほしい」ということでした。

足の痛みがいやされた

四日市シオン教会の教会員の方が、足が痛くなり、曲げるのにも困難な状態になりました。

肩の痛みがいやされた

北九州生ける神の教会の教会員の方が、肩に痛みがあると言われました。

希望の光 祈り開かれた職場は、最善

2020年5月6日現在、世間では新型コロナウイルス対策のため緊急事態宣言が出され、外出自粛が求められ大変な状況となっていますが、この状況の中でも、ふさわしいタイトル「希望の光が見えた瞬間」でお話しさせていただきます。

シリーズ 感謝することで起きた奇跡の証し 4

私は今、某ファストフードで働いています。その会社にとってクリスマスは1年で一番忙しい時期で、チキンが飛ぶように売れます。そんな忙しい時期ですが、その期間限定のスモークチキンも販売しています。

カスタマイズしたMacBook Pro 購入の瞬間、在庫0が1に!

6週間待ちを翌日ゲット! 新しいパソコンを...

胸の痛みがいやされた

北九州生ける神の教会の教会員の方が、胸に痛みがあると言われました。そのため、牧師がいやしのお祈りをしました。

シリーズ 感謝することで起きた奇跡の証し 3

私は今、某ファストフード店で働いていますが、そこでは「ミステリーカスタマー」という、お客さんの振りをして本部から雇われた調査人が毎月お店にやってきます。

ハワイの地 コロナ禍で守られた安全、職場、経済

私が住むハワイは3月23日からロックダウンとなり、観光の島は経済に大きな混乱を起こしています。25年ぶりに桜が見たくて3月に一時帰国を予定していましたが、厳しい状況になり始め、行くべきか悩みました。

背中の痛みがいやされた

北九州生ける神の教会の教会員の方が、背中に痛みがあると言われました。そのため、牧師がいやしのお祈りをしました。

ものもらいがいやされた

四日市シオン教会の教会員の方が、ものもらいができてしまいました。目がゴロゴロして、痛みもありました。

「神さまに愛されている」<第3回>全てが益 ゴスペルを届ける者に

無言の車での移動中、もらったCDを聴いていると、いつの間にか会話が始まり、一緒に歌って心が平安になっていきました。旅の途中で幾つもの教会に行き、皆さんにお世話になりました。

新着

バチカン教理省書簡 自殺ほう助に反対表明

バチカン教理省が、安楽死などに関する見解を含む書簡「サマリタヌス・ボヌス」を発表した。

中国 家の教会牧師夫妻、子どもの家庭教育で当局から...

子どもを公立学校に行かせず、家庭で教育を行っていた中国の家の教会牧師夫妻に対し、中国裁判所が告発した。

コロナ禍のタイ キリスト教洗礼者が歴史的成長

観光収入激減の中 福音宣教が拡大  中国に...

近づく東京大地震「内水氾濫と外水氾濫」

 台風シーズンを迎えているが、浸水災害の防災を適...