火曜日, 9月 29, 2020
ホーム 体験談

体験談

「もうこの上司と仕事したくない!」ゴスペルの歌詞で主の愛を体験

アパレルショップにアルバイトとして勤める中、新しい店長の言葉に傷付き、辞めたいと思いました。そこでゴスペルの歌詞に支えられたのです。

シリーズ 感謝することで起きた奇跡の証し8

ある日、作業中、誤って180度の油に手を突っ込み、大やけどとなってしまいました。しかし、感謝する中で最善の祝福が現れたのです。

痰が切れずに苦しかったのがいやされた

北九州生ける神の教会の教会員の方に、喉の痰が切れず苦しんでいる方がいました。

集会会場が分からない! 神さまナビで無事に場所へ

福岡で行われる聖会に行く途中、道に迷ってしまいました。刻一刻と時間が迫る中、感謝し、祈る中で、奇跡的体験が起きたのです。

歩行困難なほどの腰痛のいやし 東京町田教会

東京町田教会の教会員の方が、庭の手入れの際、歩行困難なほどの腰痛となりました。いやしの祈りの結果、2、3日で歩けるようになりました。

目のかすみがいやされた

北九州生ける神の教会の教会員で目のかすみがある方が、いやしの祈りの後、瞬時にいやされました。

シリーズ 感謝することで起きた奇跡の証し7

 アルバイト先に抜き打ちで衛生検査が入りました。結果は最悪でしたが、感謝する中で奇跡が起きたのです。

へバーデン結節のいやし

指に痛みを伴うヘバーデン結節という病気が、教会でいやしのために祈ってもらう中でいやされました。友人も信じないほどの神さまの恵みに感謝です。

シリーズ 感謝することで起きた奇跡の証し 6

社内大会で全国優勝 会社の大会に出場 ...

召しにかなった祈りの祝福

2019年2月、長崎殉教記念聖会に参加する中、神さまからの途切れることない祝福、恵みが与えられました。それは地上での召しを全うしたいとの祈りへとつながっていきました。

右腕の湿疹がいやされた

四日市シオン教会の教会員の娘さんの右腕に、湿疹ができていたのが、親子で共に祈ると翌日、いやされていました。

腹痛がいやされた

北九州生ける神の教会の牧師は、アルバイト先の方の腰痛のため、いやしの祈りをしたところ、完全にいやされました。

新着

バチカン教理省書簡 自殺ほう助に反対表明

バチカン教理省が、安楽死などに関する見解を含む書簡「サマリタヌス・ボヌス」を発表した。

中国 家の教会牧師夫妻、子どもの家庭教育で当局から...

子どもを公立学校に行かせず、家庭で教育を行っていた中国の家の教会牧師夫妻に対し、中国裁判所が告発した。

コロナ禍のタイ キリスト教洗礼者が歴史的成長

観光収入激減の中 福音宣教が拡大  中国に...

近づく東京大地震「内水氾濫と外水氾濫」

 台風シーズンを迎えているが、浸水災害の防災を適...