「12歳の男の子を受け入れました!」カンボジア孤児院便り

64
 孤児院で、12歳になる男の子BNを受け入れました。ある日突然、彼は政府関係者の方に連れられて孤児院に来たのです。彼の話から、両親は交通事故で一緒に亡くなり、その後保護されていた所で暴力を受けるようになり、ある日その家を飛び出してプノンペン


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン