英仏独 イランへの制裁解除せず継続へ

56
 ロイター通信などによると、イラン核合意の当事国である英国、フランス、ドイツは9月14日、共同声明を発表し、合意に基づき10月に解除する予定だったイランの核・ミサイル開発関連の制裁を継続するとした。  イランが2019年以降、核合意の義務を


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン