中国全人代 「反スパイ法」改定 定義拡大へ

127
 中国の立法機関、全国人民代表会(全人代)常任委員会は4月24日の会議で、「反スパイ法」改定案の審議を始めた。この改定案はスパイ行為の定義を現行法よりさらに広げるのもで、26日にも可決される見通し。  現行法ではスパイ行為を「国家機密」の提


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン