仏独首脳会談 ウクライナの即時停戦目指す

22
マクロン仏大統領は5月9日、再選後初の外遊でドイツの首都ベルリンを訪問し、ショルツ独首相と会談した。 共同記者会見でマクロン氏とショルツ氏は、ウクライナとロシアの間で停戦交渉の再開を急ぐべきだとした。 マクロン氏はウクライナの欧州連合(EU


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン