「Nさんたちの訪問」カンボジア孤児院便り

337
 今でも時々連絡を取っているNさんは、以前孤児院で働いていたスタッフです。結婚して地方で生活していますが、家族で1年ぶりに地方から訪ねてくれました。 コロナ禍の中でなかなか動けない状況はお互い同じですが、ここ最近感染が収束してきているので、


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン