イラン核合意 5カ月ぶりに協議再開 米とは依然隔たり大きく

366
 イラン核合意当事国のイギリス、フランス、ドイツ、中国、ロシアとイランは11月29日、ウィーンで約5カ月ぶりに協議を再開した。双方の立場の隔たりは依然大きく、協議は難航が予想される。 イランで8月に反米強硬派のライシ政権が発足して以来、初の


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン