イラン 強硬派司法長官が大統領に当選 選挙統制か

18
 イランで強硬的な司法長官が6月26日、大統領選挙に低投票率で当選した。 今回の選挙で1988年に数千人の政治犯を処刑したイブラヒーム・ライースィー氏の当選した背景には、対立候補の不正による落選が大きく影響した。 対立候補の落選は、有権者の


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン