イスラエル南部 ヘロデ王時代の遺跡公開

25
 【CJC】イスラエル考古学庁(IAA)は、イスラエル南部の都市アシュケロンにある、2000年前の遺跡を公開した。この遺跡は、エルサレムを支配し、聖書にも登場するヘロデ王の時代のもので、バシリカ(法廷や市場などが入った建物)とされる。 遺跡


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン