ポルトガル議会 安楽死容認法案可決、カトリック教会は反発

27
【CJC】パリ発時事によると、ポルトガル議会1月29日、医師の薬物投与による「積極的安楽死」を認める法案を賛成136、反対78、棄権4で可決した。マルセロ・レベロデソウザ大統領の承認を経て成立するが、大きな影響力を持つカトリック教会が強く反


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン