米最高裁 大統領選への郵便投票無効の訴え認めず

32
 米連邦最高裁は12月8日、共和党員などが起こした、米大統領選を巡るペンシルベニア州の最大250万票に上る郵便投票無効の訴えを退けた。 訴えたのは共和党のマイク・ケリー下院議員たちで、同州で2019年に郵便投票を拡大したのは州法違反だとして


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン