「新型コロナは同性婚への神罰」 発言した聖職者が陽性、ウクライナ

30
【CJC】米ニュースサイト「CNN」によると、新型コロナウイルスは同性婚に対する「神の罰」と形容していたウクライナ正教会キエフ聖庁のフィラレート総主教(91)が、新型コロナウイルス検査で陽性と判定された。9月4日に同教会がフェイスブックの投


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン