安倍首相 持病悪化で辞意表明 

50
次の総裁選に注目集まる  安部晋三総理大臣が8月28日、辞意を表明した。持病の潰瘍(かいよう)性大腸炎が悪化し、職務継続が困難だと判断した。 24日に連続在職日数が2799日と、大叔父の佐藤栄作を抜き歴代最長となったばかりだった。 総理は、


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン