この人 「主人の病気と死を通して知った神様の永遠の愛の光」の制作者 プラハ教会と協力者たち

85
第10回白馬クリスチャンフィルムフェスティバル総合次点    TLEAプラハ教会の道上千恵子さんが神さまを知るまでの体験を書いた証しが、月刊誌『雲の間にある虹』2018年4月号に掲載された。以前から、同教会のサリー宣教師が「映像化したい」と


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン