iOS、iPadOS、macOSの脆弱性について 

62

iOS、iPadOS、macOSに脆弱性が見つかりアップデートが公開されており、早急な対応が求められている。

 今回の問題は、ハッカーがこの脆弱性を利用して端末を乗っ取ったり、悪意を持って作成されたWEBコンテンツを通じて端末に侵入することができる恐れがあります。
 使用されている方は、すみやかにアップデートされることをお勧めします。

 対象製品:「iPhone」の「6S」以降のモデルや第5世代以降の「iPad」「iPadプロ」のすべてのモデルなどです。

【iPhone、iPad、iPod touch をアップデートする方法】
https://support.apple.com/ja-jp/HT204204

【Mac の macOS をアップデートする】
https://support.apple.com/ja-jp/HT201541

※脆弱性とは、パソコンやiPhoneなどに搭載されたOSやソフトウェアにおいて、
プログラムの不具合や設計上のミスが原因として発生した、情報セキュリティー上の欠陥のこと。
セキュリティホールとも呼ばれる。脆弱性がある状態でOSやソフトウェアを利用していると、
悪意のある第三者によってウイルスに感染させられたり、不正アクセスの被害に利用される可能性があります。

(TLEA東京アンテオケ教会「最新写真ニュース」より)