月曜日, 3月 1, 2021

賜物

カリスマの恵み57「教会が立てた指導者に従う」 

預言、御霊の賜物は教会の賜物ですから、教会の管理と秩序の中で用いる必要があり、牧師や立てられたリーダーに従って訓練することが重要です。

カリスマの恵み56「預言は訓練が必要」

御霊の賜物は神からのプレゼントであり、聖書は愛とともに賜物を熱心に求め、用いるように教えています。

カリスマの恵み55「教会で管理された集会で用いる」

新約時代の預言は教会に与えられた賜物であり、教会の管理の中で用いるよう聖書に定められています。

カリスマの恵み54「預言は一般的な事柄」 

預言することは一般的なことであり、聖書ではクリスチャンは皆、預言することができると書かれているのです。

カリスマの恵み53「神から来ているのに成就しない預言④」 

働き、使命、将来の召しなどの預言の場合、成就には神に聞き従うという条件が内包されています。

カリスマの恵み52「神から来ているのに成就しない預言③」

警告の預言は祈ることで守られる場合があります。私の体験を紹介します。

カリスマの恵み51「神から来ているのに成就しない預言②」 

神さまからの「警告」の預言については、悔い改めたり祈ったりすることで、守られ、その出来事が起こらないことがあり得ます。

カリスマの恵み50「神から来ているのに成就しない預言①」

神から来ているのに成就しない預言の中には、裁きの預言があります。悔い改める時、神さまが御心を変えられることがあるのです。

カリスマの恵み49「預言は吟味が必要⑭」

予告や指示預言が与えられた時、吟味し、聞き従う土台が祝福のポイントとなるのです。

カリスマの恵み48「預言は吟味が必要⑬」 

指示預言は、神さまのことばに聞き従う土台が問われるということを覚える必要があります。

カリスマの恵み47「預言は吟味が必要⑫」

指示預言は、神に聞き従う土台がないと生かされませんが、それを海外宣教の中で学ぶ機会がありました。

カリスマの恵み46「預言は吟味が必要⑪」 

指示預言は神の働きの中で重要な役割を担っていますが、慎重に吟味する必要があります。

新着