火曜日, 10月 20, 2020

賜物

カリスマの恵み38「預言は吟味が必要③」

預言は吟味する必要がありますが、その土台には神に聞き従うという信仰があるのです。

カリスマの恵み37「預言は吟味が必要②」

 預言は聖書にはっきりと書かれた賜物ですが、完成された啓示である聖書の範囲内を決して超えるものではありません。その聖書が吟味の土台です。

カリスマの恵み36「預言は吟味が必要①」

新約時代に生きる私たちは、預言は吟味して神からのものと確認できたら受け取るようにしなければなりません。

カリスマの恵み35「リバイバルと御霊の賜物」

働きは神のもの。レベルの違う、顕著な神の業が起こってくる。ただその時に、聖霊の対応ができる訓練を受けている事は重要なカギとなります。

カリスマの恵み34「預言を通して現わされる神の計画」

TLEAから歌集が作られていますが、それは力のない所に現された神のことばの成就でした。預言の働きは神の働きをダイレクトに現すものです。

カリスマの恵み33「聖霊のバプテスマ⑦」

聖霊のバプテスマにより、私たちは証人としての力を受けます。「後の雨」の時代、それはさらに顕著になっていきます。

カリスマの恵み32「聖霊のバプテスマ⑥」

イエスさまは再臨に向けて目を覚まし、聖霊に満たされて歩むことを語っておられます。そして、聖霊のバプテスマは聖霊の満たしの最初の現象です。

カリスマの恵み31「聖霊のバプテスマ⑤」

聖霊のバプテスマは私たちの意思を無視して与えるものではなく、私たちの求めが重要なのです。

カリスマの恵み30「聖霊のバプテスマ④」

異言の賜物は自分の意思で語り、やめることができます。信仰の踏み出しが神さまのわざを見るカギなのです。

カリスマの恵み29「聖霊のバプテスマ③」

聖霊のバプテスマを受けることは神さまのみこころであり、どなたでも受けることができます。ただ、 信仰の踏み出しが必要です。

カリスマの恵み28「聖霊のバプテスマ②」

聖霊のバプテスマは、イエスさまの十字架を信じ、聖霊が内住される一人一人、誰でも受けられるのです。

カリスマの恵み27「聖霊のバプテスマ①」

聖霊のバプテスマとは、基本的に「聖霊の満たしの最初の現象」と定義できます。詳しく学んでいきます。

新着

シリーズ感謝することで起きた奇跡の証し14

当時、三沢に住んでいた私は、主の導きを覚え、片道2時間半かかる弘前の教会へと通い始めました。それは私の人生を大きく変えるものとなりました。

具材を乗せて焼くだけ! 照り焼きチキン&...

手軽に作れる照り焼きチキンときのこのピザを紹介します。

郷土料理「ぶた和え」 熊本県天草市

今回は、熊本県天草市の郷土料理を紹介します。沖縄...

聞き従いの祝福36「とある海外宣教での聞き従いの証...

他の方が聞き従った結果、私が助けられたという体験について、お分かちします。