日曜日, 6月 13, 2021

論説

論説「この戦いは神の戦い」

コロナ騒動で経済的な揺るがしがある中、神さまからの支えを体験した。それは証しの機会にもなっている。

論説「21世紀における宣教の働き」

インターネット、SNSは21世紀型の宣教の武器と言えます。一方で手紙や訪問なども含め、主の導きに聞き従う時、 終わりの時代の大収穫を見ていくでしょう。

論説「御霊の賜物と終わりの時代」

コロナ問題で世界が苦しむ中、これから携挙へ、リバイバル、迫害・殉教へ、時代は進みます。主に委ねられたことを忠実に全うしましょう。

論説「新たな段階の働きに向けて」

世界中を震撼(しんかん)させている新型コロナウイルス感染症による世界各国の非常事態宣言の解除が相次ぐ中、日本も47都道府県の 非常事態宣言が解除されました。

論説「いつも喜んでいなさい」

私は牧師になってからさまざまな仕事をしてきました。仕事をする中で、自分から見て理不尽な扱いを受けることが時々ありました。

論説「福音のパンデミア」

もちろん、まだ黙示録の時代に入ってはいませんが、今回の新型コロナウイルスのパンデミックがその時がすぐ近くに来ていることを 現していると思います。

論説「困難な時代に向けての最大の備え」

今、教会も大きな変動にさらされています。具体的には、集会は10人以下という指針も出ているので、「皆で集まって礼拝できない」のです。今、オンラインの体制ができていない教会は、集まって礼拝ができないので、「礼拝ができない」と聞きます。

論説「このような時に」

今は、緊急事態宣言が出され、非常にマイナスに見える期間ではありますが、どのような事柄であっても、物事は、判断と対応によって変わってきます。

論説「インターネットの働きは次の段階へ」

新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が発令され、東京では「ゴールデンウィーク」ではなく「ホームステイウィーク」と名付けられ、外出自粛要請が強化されました。

論説「最も大切な事」

ペテロ永藤TLEA沖縄エルサレム教会 牧師雲の間...

論説「出て行って福音を」

TLEA北海道エルサレム教会牧師認定NPO法人礎...

論説「グローバル化とパンデミックの後の時代へ」

TLEA東京アンテオケ教会 牧師み声新聞社 代表...

新着