プーチン氏 核戦争の備え「常にある」 米欧をけん制 切迫性は否定

76
 ロシアのプーチン大統領は3月13日、国営メディアが報じたインタビューで、ロシアは戦闘態勢にあり核戦争への備えは「常にある」と回答。現時点では差し迫ってはいないとしつつ、米国がウクライナに派兵すれば紛争が大幅にスカレートすると米欧をけん制し


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン