IMF専務理事 ロシアの経済は「厳しい局面に」と予想 人口流出と技術不足原因

51
 ロイター通信によると、国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は2月12日、ロシア経済について、経済成長は大規模な軍事費に支えられているが、人口の流出と技術不足を受け、厳しい局面を迎えるとの見方を示した。  ロシア経済は2022年に1


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン