イラン 周辺国を相次ぎ攻撃 中東をさらに不安定化に

64
 イランは1月15~16日にかけて、周辺国を相次いで攻撃し、緊張が高まっている。  15日には、シリア国内の「イスラム国(IS)」を含む「テロ活動」に対し、複数の弾道ミサイルを発射して目標を破壊。また、同日、イラク北部のクルド人自治区アルビ


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン