仏マクロン大統領 ニジェールから駐留軍撤退表明

60
 フランスのマクロン大統領は9月24日、7月にクーデターが起きた西アフリカのニジェールから駐留軍1500人を年内に撤退すると発表した。サハラ砂漠南部ノサヘル地域におけるフランスの影響力やイスラム過激派対策にとっては大きな打撃となる。  ニジ


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン