モロッコ中部 M6.8の地震/死者2800人を超える

111
 モロッコ中部で9月8日夜、世界遺産の観光都市マラケシュから南東約70キロ離れたアトラス山脈を震源にマグニチュード(M)6.8の大きな地震が発生した。  耐震性が劣る建物が多い山間部を中心に、家屋倒壊や地滑りが発生し、大きな被害が出ている。


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン