短歌に親しむ~百人一首

104
日本古来から伝わる和歌、短歌を通して、情緒豊かな日本語の持つリズムと表現の多彩さに触れる。 月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ       わが身一つの 秋にはあらねど               大江千里  つきみれば  ちぢにものこそ 


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン