ケニアのカルト教団死者300人を超える 「餓死すれば天国」

90
 ケニアのキリスト教系カルト教団の信者大量死事件で6月13日、新たに22人の遺体が見つかり、死者は計303人となった。  大半の遺体は4月に逮捕された元タクシ―運転手の教団指導者、ポール・マッケンジー・ヌセンゲ被告に「餓死すれば天国に行ける


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン