イスラエル 聖地巡り衝突続く、紛争拡大への懸念

142
 AP通信などによると、イスラエル軍は4月7日未明、レバノン南部にある過激派グループの施設を爆撃し、パレスチナ自治区のガザ地区に対する空爆を再開した。  聖地エルサレムでは、パレスチナ人グループと治安部隊の衝突が続いている。  レバノンに対


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン