仏マクロン大統領 「欧州は台湾問題で米中に追従すべきではない」との考え表明

94
  4月9日、フランスのマクロン大統領は声明で「欧州が台湾問題で米国や中国に追従すれば自分たちとは無関係の危機に巻き込まれるリスクがある」と述べ、安易に米中に追従すべきではないとの考えを示し、欧州は米中双方から独立した戦略を追求すべきとの考


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン