コンゴ 教会を狙った爆弾テロ10人死亡

18
 コンゴ東部の北ギブ州の町で1月15日、教会を狙った爆弾テロがあり、少なくとも10人が死亡、39人が負傷した。  テロ組織監視団体SITEによれば、過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出している。  コンゴ情報部はアフリカ東部を拠点


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン