短歌に親しむ~万葉集

163
日本古来から伝わる和歌、短歌を通して、情緒豊かな日本語のもつリズムと表現の多彩さに触れる。 あかねさす 紫野行き 標野行き     野守は見ずや 君が袖ふる             額田王 あかねさす むらさきのいき しめのいき    のも


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン