仏大統領 ロシアのプーチン大統領と電話会談 露軍の占領を非難

22
読売新聞などによると、フランスのマクロン大統領は9月11日、ロシアのプーチン大統領と電話で会談した。  仏大統領府の発表によると、マクロン氏はロシアが侵略するウクライナのザポリージャ原子力発電所で危機的な状況が続いていることについて、「露軍


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン