マクロン仏大統領 プーチン露大統領と電話会談 ザポリージャ原発へIAEA派遣で一致

233
8月20日付ABEMA TIMESなどによると、ロシアのプーチン大統領とフランスのマクロン大統領が電話会談し、ウクライナのザポリージャ原発について、できるだけ早く国際原子力機関(IAEA)の専門家を派遣することが重要との考えで一致した。  


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン