米CIA長官、露の核使用の可能性「軽視できない」

35
米中央情報局(CIA)のバーンズ長官は4月14日、ジョージア工科大学で講演し、ロシア軍がウクライナで核兵器を使用する可能性について「軽視できない」とした。具体的に核兵器使用を示す軍事的な配備の動きは確認できていないという。 バーンズ氏は「ロ


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン