米インフレ上昇 「プーチン氏のせい」露原因で原油高騰

88
米国のバイデン大統領は3月10日、2月の米インフレ率が高水準に達したのは、ロシアのウクライナ侵攻による原油相場の高騰が原因と述べた。 2月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で7.9%の上昇となり、約40年ぶりの伸びとなった。 バイデン氏


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン