米大統領 一般教書演説 「ウクライナ侵攻の責任はプーチン氏のみに」 「長期で露の経済力を低下させる」

34
 バイデン米大統領は3月1日、連邦議会の上下両院合同会議で就任後初の一般教書演説を行い、ロシアのウクライナ侵攻を非難して、国際社会が団結して代償を払わせると述べた。 バイデン氏は「米国はウクライナの人々と共にある」と語る一方で、ロシアに対し


この記事は有料記事です。

既存ユーザのログイン